2016_House F / 庫裏としての家


read more→

160308_Yangon

バスケットボールより大きいくらいの重量感溢れる

ヤンゴン旅行の記録もこれで最後です。 read more→

160307_Yangon


8時過ぎ起床。手持ちのチャットが少なくなってきたので、市内で銀行を探しに行く。 read more→

160306_Yangon


read more→

160331_PAT in Kyotoとロームシアター

会期終了が迫るPATinKYOTOを見に京都市美術館へ。青木さんが改修される前に現状がどうだったかを久しぶりに見に行きたかったのと、先日知り合った高橋さんが出品されているのを見に行った。 read more→

160328_清課堂のショーケース


京都は寺町二条下ルにある、創業もうすぐ二百年の老舗、清課堂さんからご依頼頂き、ショーケースを設計しました。 read more→

160305_Yangon

たまに走っていたサイカー、かっこいい。

read more→

160304_Yangon

空港にて到着を待つ人達

台北空港のベンチで4時過ぎに起きたら、周りもみなベンチに横になっていて静かで不思議な光景。一瞬どこにいるのかわからなかった。 read more→

160303_Taipei


さて、やっとこさ旅行の記録を少しずつアップしてみます。(といってもミャンマーでは余り書いてないけれど)。pomeraを持って基本的に向こうで書いていたテキストなのですが、読み返すと2010年と続きで旅行してるみたいに文体が同じ(意識してないのに)、、と不思議な気分になりました。長くて冗長的な気もしますが、局所的な需要に届くTIPSもあるかと思いますのでそのまま載せます。ではよろしくどうぞー。 read more→

160226_モックアップ


年が明けてバタバタしている間に気づいたらもう立春も過ぎてしまいました、松本です。本年もどうぞよろしくお願い致します。
昨日某店舗の工事も終わり、一段落しました。 read more→

151229 仕事納めと年末年始のご案内


さて、2015年も本日12/29をもって無事仕事納めとさせて頂きます。
お世話になった皆様、本年もありがとうございました。おかげさまで今年も年を越すことができます。 read more→

151228 写真が表示されない。。

read more→

1512 建築と社会


日本建築協会の機関誌「建築と社会」のgalleryページに、永代供養墓を取り上げて頂きました。 read more→

151016 ぎりぎりセーフ

read more→

150908 上棟式


先日、上棟式を行いました。 read more→

150821 建て方


建て方が無事完了しました。 read more→

150807 基礎脱型


昨年から設計を進めていました住宅が着工し、無事基礎まで打ち上がりました。まさに酷暑の中の作業、基礎屋さんも大変。ちょっと現場で配筋検査しているだけで頭がくらくらしてきます。 read more→

150724 クローバー


夏真っ盛りの京都、お盆を前に竣工2年を経過。
どこかから飛来したのか、クローバーが群生していました。

150707 portrait


先日、京都の写真家、吉田亮人さんにポートレートを撮って頂きました。 read more→

150328 屋根をつくる@KIITO workshop


先週金曜の夜に電話が鳴って、インフルエンザで倒れたdesign SUの白須さんの代役として、3/21(土)22(日)の2日間、神戸のKIITOで行われた「屋根をつくる」ワークショップの講師を急遽務めさせてもらいました。 read more→

150311 iphone5のSIMロック解除について

read more→

150106_新年


あけましておめでとうございます。
今年のはじまりは2日から京都は大雪でした。振り返ると例年年末年始に降ることが多い気がしますが、今年は量もすごかった。おかげで看板もこんなことになりました。 read more→

141116_庭


夏に竣工した北大路の家にて、庭工事を近江庭園さんに施工してもらいました。 read more→

141115_3Dcad


今年も大学で担当している授業の自己紹介が終わりました。
毎年学生にkeynoteで15分程度のスライドを作っています。あまりそういった機会がまだない中、80人ほどの人を前にプレゼンするのは自分にとってもとてもいい機会なので、毎年内容をアップデートして臨んでいます。 read more→

2014 House in Kitaoji / 京都の住宅の改修


read more→