109日目 100425 COPENHAGEN



7時半起床。シャワーを浴びて朝食を食べる。デンマークにワーキングホリディで来ている日本人の方に会う。デンマークはワーホリの条件が他に比べ随分緩いらしい。今日向かう予定のルイジアナ美術館が11時からなので、少し時間に余裕があるため調べ物など作業をしてから11時前出発。駅で切符を買おうと窓口に行くと、「ルイジアナ美術館なら入場料とセットの切符があるぜ。こっちの方がお得だよ」と駅員が言うので従ってそれを購入。176dkk。

———————————————————
The Louisiana Museum
Jorgen Bo&Vilhelm Wohlert
1958
Gammel Strandvej 13,DK-3050 Humlebaek,Denmark

■DSBのHumlebaek駅へコペンハーゲンから30分。一時間に三本程度出ています。駅から徒歩10分くらい。S-tog線でないので注意。(路線図が紛らわしい書き方をしているので)駅を降りたらすぐ前に地図もありますが、確実に他の乗客も向かうので着いていけばまず間違いないと思います。ほほ駅前の南北に走っている道を北へ行き、美術館の駐車場っぽいのが見えたらそこで東に曲がれば入り口です。

■月曜休み。1100-1700。水曜のみ22時まで。大人95dkk学生85dkk。上記のように駅窓口で入場券と往復券セットの券を買った方がお得です。(ゾーン2を超えるので注意、間違いなく検札はあります)
—————————————————————-

最寄り駅を降りた時点から既に多い。天気の良い日曜で、リストの展示の最終日でもあるので、多いことに間違いはない。一列になって歩いて美術館へ向かう。途中に駐車場があり、その車の多さからも人の入りが伺える。

到着すると開館一時間にしてすごい人。チケットをセットで買っておいてよかった。荷物を預け、中に入る。
ティンゲリーやチリダ、ジャコメッティ(すばらしい量)とすごいコレクション、それを脇目に奥へ急ぐ。まずはお目当てのPipiloti Ristの展示を見たい。カフェを超え階段を下りたところに企画展の二室があった。

リストの展示はどうやら以前ヴェネチアヴィエンナーレで展示されたhomo sapience sapienceのみのよう。二層吹き抜けの大きな暗い部屋にマットレスがランダムに置かれ、その頭上の大きなスクリーンに足下四方向から?映像が投影され、ひとつの画面を映し出している。少し待っているとマットが空いたので、寝転んで一回り見る。

解説に書いていたような大げさな印象まではなかったが、心地よい。音というかBGMがとても良い。合っている。この頭上に投影、という見る人の姿勢の位置づけもすばらしい。昔美術手帳で特集されていた時にはどういうものか全然わからなかったけれど、これは本媒体では紹介しにくい、というか見ないとわからないと思う。

入り口脇でドキュメントフィルムが流されていたので座って見る。homo sapience sapienceがヴェネチアで公開されるところから、スタジオでの様子、momaでの公開に至までの内容。見ていて、作品よりもリスト本人のパーソナリティというかキャラクターに一番惹かれる。まず、恐ろしくおしゃれ。久しぶりにここまでオシャレな人を見た。色の取り合わせやバランスが完璧。すごいセンス。
また、その話し方や動きが面白い。とってもパフォーマティブ。廻りが巻き込まれるだろう感じがよくわかる。本当にすばらしい。53分のフィルムを一回し、後でもう一回、と二回見てしまった。

おかげで気づいたらもう1時半。カフェでお昼を食べて、コレクションともうひとつの企画展を見て回る。コレクションはArnord Newman の作家のポートレート(ピカソやノグチ、アルプなど。本当にその作家の感じが良く出ている。すばらしいポートレート。)、こんなに多く一同に会しているのは初めて見たジャコメッティ、屋外のアルプの彫刻、カルダーの彫刻。ポロックのアクションペインティングに行く直前の絵画などが面白い。

建物も古そうに見えるがとても気配り細かく良くできている。トイレの引き戸や扉が全てボタン式の自動だったのには驚いた。白く塗りつぶされた煉瓦と木製の梁、屋根架構、木製建具らのバランスやトップライトとファブリックによる自然光の入れ方、スケールの緩急がとても心地よい。内部は見た目以上にとても広く、迷ってしまうくらい迷路のよう。

外に出ると前は海!天気の良さもあり景色は最高。大勢の人がテラス席でのんびり陽気を楽しんでいる。結局閉館の5時近くまで居た。今日は一日ほぼこの美術館だけで終わってしまった。それくらい見るべきものはたくさんある。

電車で戻る。よく歩いたからか、降りる駅をひとつ寝過ごしてコペン中央駅まで来てしまう。ついでにSASホテルに寄って見学できないかまた尋ねて見ると、今度は明日朝9時以降にまた来てみてくれ、と言われる。本当かー?と思いつつ、後にする。食事をして宿に戻り作業をしてから23時半就寝。



No Responses to this post

This post has no comments yet.

Leave a Reply