57th 100304 PARIS



07:30起床、09:00出発。Gare de Nordまで地下鉄で行き、RER E線に乗り換えてペレのノートルダム教会へ向かう。

—————————————————–
Notre dame du Raincy
Augustre Perret
1923
Avenue de la Resistance,Le Raincy

■Paris Gare de NordからRER Eで20分ほど。往復5.9e。駅を降りて北に大通りAv.de la Resistanceをまっすぐ進みます。すぐに広場Place du GeneralDe GAULLEがありそれを超えてまっすぐ北に道なりに進むと、左手に当教会の塔が見えてきます。歩いて15分程度。
■月曜から土曜は0830-1800。日曜は1500-1700です。無料。以外にも入り口に日本語の案内として新建築からの解説コピーが置いてあります。
—————————————————–

思ったよりだいぶんと小さい。中に入ると一人だけお祈りされている方が居る以外、観光客はずっと自分だけだった。入り口には各国語の案内があり親切。

コンクリの柱が異様に細い。根元で直径430,頂部で先細り350と書いてある。水平耐震要素は入り口側の壁くらいしか見当たらない。大規模な補修を施し、倒壊を免れたそうだが、確かに華奢な構造に見える。階段の段板の薄さもすごい。ステンドグラスがきれい。

少しお店の覗き買い物をしながら歩いて駅に戻り、次は西へ。

OMAのダラヴァ邸に向かう。

——————————————————-
villa Dall’Ava
OMA
1991
7 Avenue Clodoald, Saint Cloud, Hauts-de-Seine, France

■メトロline 1 で終点のla Defanceまで行く。トラムT2に乗り換え、Coteaux駅下車。西側駅前の広場Place Santos Dumondを抜け、南西へAv.Romundをまっすぐ歩き、一つ目の角を右折、Av,Cloboaldへ。すぐに左手に見える。

■もちろん、私邸(だと思う)ので内観不可。しかし表札にはCommunication villle architectureと書いてあった。なんだろう?
——————————————————–

雑誌で何度もよく見た見覚えのある塀が左側に出てくる。もちろん外観しか見れないが、それでもちょっと感動。

周りはクラシカルな様式の住宅が並ぶ住宅街にあるが、前庭の大きな木などがあり、建物もセットバックしているため、道路を歩いている分には、その外観に違和感を感じない。

留守でないのかカーテンが全部開いている。屋上のあのオレンジの手すりは、工事の仮囲いでこちらでよく見るロール式の安価なネットに見える。そうなら賢い。

キャンチ部を支える柱の軒裏面への開口は丸柱なのに四角だった。それくらいラフな納まりなのだろうか。

と見える範囲だけ見て、後にする。次も外観だけ。コルビュジェのジャウル邸。

——————————————————–
Maison Jaoul
Le corbusir
1952
Rue de Longchamp 81 bis,92200 Neuilly-sur-Seine,France

■メトロline 1 Pont de Neuilly1下車。南へ、Rue de Ronchanを下り、Rue de bois de Boulogneを超えた左手にある。
■タウンハウスで二戸が入っているよう。外観のみ。道路からも結構見える。
——————————————————–


次は10年前にも行ったユネスコへ。

——————————————————–
UNESCO headquater
Breuer&Nervi
1958
Place de Fontenoy 7,75007 Paris,France

■エッフェル塔から歩いて20分くらいです。自分はmetro line 6/Cambronne駅から歩きました。
■見学には事前予約が必要です。電話01 45 68 03 59かメールvisits@unesco.orgまで。
——————————————————–

最初入り口がわからず、メインエントランスと書いているほうに向かい、係員に挨拶と入れるかどうかをフランス語で訊くと、早口で返事してくるので英語で聞き返すと、「French?Spanish?Derman?」と訊いてくる。英語がわかるくせに嫌な感じ。

勤務者のみの入り口のようで違う入り口を探す。visitor entranceを裏手で見つけて入ると、前もって電話か予約が必要と冷たい対応。10年前は予約なしに入れた気がするが。


今日は外観だけばかり。歩いてとその近くのケブランリー美術館へ。



——————————————————
Museo quai Branly
Jean Nouvel
2006
quai Branly 37,75007 Paris,France
—————————————————–



日本についての展示はなかったが自分もアジアに含まれるため、オリエンタリズムな興味の的にさらされている国の人たちがこれを見たらどう思うだろう、と考えるとあまり愉快な気分にはなれない。

宿に地下鉄で戻り19:30。スーパーで買ってきた食材で食事。24時就寝。



No Responses to this post

This post has no comments yet.

Leave a Reply